お得きっぷで行く旅

お得なきっぷを使用した旅行記中心 次回6月15日更新予定

JR西日本30周年記念乗り放題きっぷのお話⑸ 実践編

 JR西日本30周年記念乗り放題きっぷのお話⑷のつづき…

 

さて、米子からスーパーまつかぜ鳥取にやってきました。

 次のスーパーはくとまで約2時間。

さてどうしよっかな~

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201154j:plain

少し鳥取駅周辺を散策します。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016202131j:plain

これは?

調べてみると…

この大きな傘は「鳥取しゃんしゃん祭」で使われる『しゃんしゃん傘』というもの。

踊りに使われる傘はもう少し小さいらしく、元になった鳥取県東部の伝統芸能因幡の傘踊り」の傘を1回り小さくして誰でも踊れるようにしたもので、竹で組まれた骨組みに和紙を張って赤・青で塗り金銀の短冊で飾られる。

「しゃんしゃん」とは、市街地の温泉で「湯がしゃんしゃん沸く」と「鈴の音がしゃんしゃん鳴る」という意味で名付けられた。

 

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016200927j:plain

 鳥取といえばカニも有名ですよね。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201044j:plain

駅の中には「シャミネ」という商業施設がありました。

お土産屋やレストラン・カフェ・ファッション関係の店が入っていました。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201330j:plain

まず駅の北側を散策しようかな。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201345j:plain

 駅前広場には「二十世紀梨」の木が植えてありました。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201416j:plain

 雨は何とかやみました。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201432j:plain

 本当は鳥取砂丘に行きたかったのですが、2時間以内に戻ってくるのはさすがに厳しいので今回はスルーです。

こんな看板を発見。

「砂の美術館」というものだそうです。

世界初の「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館だそうです。

次回は鳥取に来た際には訪れてみようと思います。

その代わり…

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201843j:plain

 鳥取駅構内に

「神話・因幡の白兎」のミニ砂像です。

追いかける<サメ>と泣いている<白兎>、そしてうさぎに話しかけている<大黒様>の砂像です。f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201852j:plain

 非常にリアルです。

ますます「砂の美術館」に行きたくなりました。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201916j:plain

 駅の南側には、出ました!

スターバックス シャミネ鳥取店」です。

意外と空いていました。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201947j:plain

 駅の南側には「大国主命と白うさぎ像」が立っていました。

因幡の白兎」という出雲に伝わる神話の一場面みたいです。

ちなみに、スーパーはくと「はくと」の列車名は、日本神話の「因幡の白兎」(いなばのしろうさぎ)に由来し、「白兎」の音読みとなっています。

f:id:lifeisjourney-k-s:20171016201953j:plain

「日本のふるさとメロディーの箱」の前に立つと、‘‘ふるさと‘‘と‘‘大こくさま‘‘のメロディーが流れてきました。

スーパーはくとの車内チャイムでもこの2曲は使用されていますね。

 

 

 

 

JR西日本30周年記念乗り放題きっぷのお話⑹につづく…